2代目が会社を潰すのは本当か

2代目社長の行動を観察する

部下の手柄を自分のものにする2代目社長

うちの2代目はとにか〜〜〜く魅力のない社長。

ある意味、人のやる気を削ぐ天才ともいえよう。

 

例えば、うちの会社ではある仕入商品を大量に卸しているのだが、

営業部のA氏は仕入商品の発注タイミングの最適化といった考え方ができず、

テキトーに発注している。

どうせ同じもの仕入れて販売しているのだから、大量仕入で仕入額が安くなることくらい小学生でも分かろうに・・・

もちろんキャッシュフローのこともあるので、一概に大量仕入が良いわけではないが、

それでも仕入の際の工夫の余地はあると思う。

 

「在庫が減ってきたので発注しました」ならまだ分かるが、

実際は、向こうが「今月こんだけ買ってね」と要求してくることから発注作業が始まっている。そんなアホなといいたいところだが、さすがは中小企業。

何も考えていない。

 

こんな取引を解消するため、2代目に3年前から提言してきた。

ところが、2代目はA氏の肩を持つ。

「A氏には考えがあるのだから、任せておこう」

とA氏を評価し過ぎ。A氏好きなんですね。分かります。

A氏は社長の大好きなイエスマンだから。

 

そんな昨日、著しいキャッシュフローの悪化をきっかけに、

ついに2代目が調査に乗り出した。

補足しとくけど、2代目はキャッシュフローが何か分かっていない。

経理はまったくダメ。

決算書は読めないけど、馬鹿がばれないように必死で知ったかかぶりしている。

逆に痛々しいです。

 

そんな2代目の

動物的勘が働いた

おそらく、お金が減っていることだけは認識できたのであろう。

さすが社長!!

 

 

そんなお馬鹿な2代目が

自力で問題を発見したらしい

 

2代目「俺はとうとう問題を発見したよ。A氏はとんでもないやつだ。」

 

はっ?あんた馬鹿!

それ3年前からずっと言い続けている話じゃないかい。

今頃なって(笑)しかも、

自らが問題解決したようなそのドヤ顔は何なんですか?

この程度なんて、まともな人ならだれでも分かるわ。

しかも、

A氏の責任ではないぞ。お前が指示していた通りやってたんだから。 

 

 

このように、2代目の理解力は非常に乏しいため、提言した内容は

2〜3年の歳月を経ていったん風化し

やつが何かがきっかけで壁にぶち当たった時に初めて認識され、

それは過去の風化したネタとも知らずに、

全くのオリジナルネタとなって抽出されてしまう

のです。こんなふざけたことが社内で度々起こります。

 

当然ですが、自らが問題発見したという意識が強く、

つまり、自分の手柄だと勘違いしています。

部下が仮説を立ててアプローチしたことなんてここでは評価されないわけです。

 

まさにこれ。

部下の手柄は上司のもの。

 


半沢直樹 大和田常務 名言「部下の手柄は上司のモノ」 - YouTube

 

香川さんのようにかっこ良かったら許せることもありそう。