2代目が会社を潰すのは本当か

2代目社長の行動を観察する

社長が臭い件

最近2代目社長Mから異臭がしている。最初は、なんとなく今日は調子わるいのかな、と騙し騙し自分を言い聞かせるようにしていたが、半径1m内にいるとやっぱり臭い。口臭、体臭、360度全方位攻撃がキツイ。これ絶対まずいですよ。社員はおろか、取引先にも絶対気づかれていますね。

社長はなぜ臭くなってしまったのか?整理してみたいと思う。

 

まず、この社長は40代ということだ。完全に、中年の領域に入ってる。犬も老化すると体臭も口臭もキツくなることを考えると、これは生物として避けられないのか?身体の内部に臭いものがあるということだから、社長の血管内にはドロドロでグチャグチャの老化物質が溜まり込んでいるのであろう。

次に、摂取する食べ物が肉ばかりであること。これは致命的。消化器官内すべてが肉の消化活動にあてられているわけでしょ。内蔵絶対やばいよ。汗にも相当なやばい老廃物が混じっているはずだ。食後に歯磨きしないこともいただけない。

さらに、極度のヘビースモーカーであるということ。ヘビースモーカーって身体とか衣服にそのタバコ臭を身にまとっているよね。あれは本当に臭い。嗅いでみて嬉しくなることは絶対にない。勘弁して下さい。本人の嗅覚は麻痺していて分からなくなっているんだろうか。ただ、社長から放たれている異臭は、単なるタバコ臭とは違ってもっと酷い。数種類の悪臭がミックスされたとんでもない異臭。

以上まとめると、少なくとも社長が臭い原因は、

中年+運動不足+肉食+歯磨かない+ヘビースモーカー

が原因であると考えられる。中年になって、代謝機能がガタ落ちして運動しないために汗腺に老廃物を外に排出できず、肉ばかり食らうから消化器官、内蔵が疲弊し、歯磨きしないから腔内自体不健康でその不健康体に煙草をキメて、さらなるストレスを溜め込んでいて周りが見えなくなるから臭くなっていることに気がつかないのだと思う。これは社長として、いや人として残念なことかもしれない

 

逆に、いい匂いのする社長はどうだろうか?日本企業では、中年の社長が圧倒的に多いと思うので、この社長と同じく代謝は落ちている可能性は高い。多くの中年が臭くなってしまうことを考えると、臭くならない対策をしているはずだ。例えば、フィットネスで汗を流している社長、そういえば島耕作も午前中からプールで汗を流して仕事に行くシーンがあったっけ。香水をまとっている社長、中学とか高校生が色気づいて香水まとってるけどあれはちょっとキツい、しかし、大人の香水はやはり違う。毎日それをつけていると、マーキングとなっていつしか社長の匂いとなる。そういった社長って、常に人に見られることを意識しているし、向上心高いから、パワフルで営業もできるし、リーダーシップもある

できる社長→いい匂いは必ずしも成立しないけど、いい匂いがする→できる社長であることは言えるかもしれない。

逆に、

社長から悪臭を発していたら、仕事のできない社長 

であろうし、

ダメな社長は、必ず悪臭をまきちらす 

ことも成立するのだと思う。