2代目が会社を潰すのは本当か

2代目社長の行動を観察する

2代目社長は車の運転も下手だった

2代目というだけで1代目の劣化版と揶揄され、関係ない世間からも馬鹿にされてしまう、そんな中小企業を引き継いだ2代目社長。人間何か取り柄があるだろうと毎回探しているのだが、前回記事

同伴すら失敗してしまう2代目社長 - 2代目が会社を潰すのは本当か

では、お金を使っても女性に相手にされない、つまり魅力がないことが判明した。そんなダメダメ社長Mだが、今回は、社長の運転事情についてだ。ちなみに、社長車は先代から受け継いだ○○。(ここは想像にお任せということで)

 

先代の運転の様はなかなかのもので、その車は競争を生き残ってきた会社の存在感が伝わってくるような大胆かつ優雅な姿勢、その動作ひとつひとつにさりげない優越感が見え隠れしたことを覚えている。

 

一方、Mはすでに姿勢0点。なんなんでしょうか、軽さを通り越した不安感が漂うこの自信なさげな運転姿勢。Mは普段電車使っているので運転頻度は少ないことは分かっている。この際細かいことは大めに見ようじゃないか。しかし、運転席シートを前にシフトしすぎているためか、やたら不自然な状態に見える。例えるなら、軽自動車のワゴン乗っている運転歴の浅い女性が、前のめりになってハンドルにしがみついているような姿勢、まさにあの姿勢に近い。乗っている方はとてもじゃないけど眠れないね。

 

また、カーナビがなければ近場にも移動できない程の極度の方向音痴。毎回目的地を電話番号でセットしている。その姿は、上司から電話で詰められ、慌てて目的地に向かうようなダメダメ営業社員そのもの。行ったことない目的地なら、事前に情報収集しておこうよ。良いナビ付けてもらっているのにまるで活かせていない・・・・そのナビ最新ですよ。なんでそこでなナビタイムなんですか。本当に仕事できない人のようですね。

 

もう一つ、バックモニター装備していないとまともに駐車場にも入れられないくらい運転スキル無いなら、もう一度教習行って練習してこいよ。そんなんだから女性も乗ってくれないんだよ。バンパー傷だらけなってるじゃねーか。バンパーさんに謝れ馬鹿。