2代目が会社を潰すのは本当か

2代目社長の行動を観察する

2代目社長は車の運転も下手だった

2代目というだけで1代目の劣化版と揶揄され、関係ない世間からも馬鹿にされてしまう、そんな中小企業を引き継いだ2代目社長。人間何か取り柄があるだろうと毎回探しているのだが、前回記事

同伴すら失敗してしまう2代目社長 - 2代目が会社を潰すのは本当か

では、お金を使っても女性に相手にされない、つまり魅力がないことが判明した。そんなダメダメ社長Mだが、今回は、社長の運転事情についてだ。ちなみに、社長車は先代から受け継いだ○○。(ここは想像にお任せということで)

 

先代の運転の様はなかなかのもので、その車は競争を生き残ってきた会社の存在感が伝わってくるような大胆かつ優雅な姿勢、その動作ひとつひとつにさりげない優越感が見え隠れしたことを覚えている。

 

一方、Mはすでに姿勢0点。なんなんでしょうか、軽さを通り越した不安感が漂うこの自信なさげな運転姿勢。Mは普段電車使っているので運転頻度は少ないことは分かっている。この際細かいことは大めに見ようじゃないか。しかし、運転席シートを前にシフトしすぎているためか、やたら不自然な状態に見える。例えるなら、軽自動車のワゴン乗っている運転歴の浅い女性が、前のめりになってハンドルにしがみついているような姿勢、まさにあの姿勢に近い。乗っている方はとてもじゃないけど眠れないね。

 

また、カーナビがなければ近場にも移動できない程の極度の方向音痴。毎回目的地を電話番号でセットしている。その姿は、上司から電話で詰められ、慌てて目的地に向かうようなダメダメ営業社員そのもの。行ったことない目的地なら、事前に情報収集しておこうよ。良いナビ付けてもらっているのにまるで活かせていない・・・・そのナビ最新ですよ。なんでそこでなナビタイムなんですか。本当に仕事できない人のようですね。

 

もう一つ、バックモニター装備していないとまともに駐車場にも入れられないくらい運転スキル無いなら、もう一度教習行って練習してこいよ。そんなんだから女性も乗ってくれないんだよ。バンパー傷だらけなってるじゃねーか。バンパーさんに謝れ馬鹿。

世間とズレまくる2代目社長

ここ最近、世間の中小企業の活動は活発化しています。経営者の世代交代するタイミングで奇跡的に事業転換、事業拡大、あるいは事業売却、清算と善し悪しはありますが、全く変化できない企業には厳しい将来が待っているということだけは分かります。

 

そんな中、2代目Mの暴走は勢いを増すばかりです。このブログで何度も紹介していますが、2代目Mにとって従業員は下僕でしかなく、従業員が持ち帰った情報はすべて却下され、与えられた業務を全うするよう現場に戻されます。従業員の声も聞かないなんて、他で有力な情報を得ることもできない2代目Mの行動は愚行としか思えませんね。もったいないです。

 

Mは何もしないので、得意先、仕入先から多くの交渉摩擦が増えています。 Mは思考できるほどの頭を持っているわけではありませんが、人間の本質的行動として読み解けば以下のように推測できます。

 

① 得意先からコストダウンの要請を受ける。

② 仕入先からもコストアップの連絡を受ける。

③ (やべ〜どうしたらいいかわかんね〜)

④ とりあえず、零細企業という弱者の立場であやふやにしておくか。

⑤ ①に戻る。

 

①や②に対して、交渉力のある経営者なら、どのように協力体制をとるのか、方法を探ってみることはしなければならないでしょう。つまり情報収集は絶対に必要です。

 

駄目な企業の典型は、自分たちでは何も解決できないと思い込んで、諦めの酒を飲み交わすことです。彼らは、解決するための思考のフレームワークを習得していませんし、それ以前に世の中の仕組みを理解する手がかりとなる教養が絶対的に不足しています。自身に何が不足しているかを理解している経営者は、従業員や他人から吸収できるのですが、心を閉ざしているMのような経営者では永久的に無理な話でしょう。

 

 

 

同伴すら失敗してしまう2代目社長

うちの2代目はダメ社長ですが、中小企業の息苦しい空気ばかりでは気が滅入ってしまうだろうから息抜きを容認させているのだが、同伴すらまともに楽しめない残念な人である。

 

先週、社長は夕方の早い時期に外出した。社員は皆、同伴目的で遊びに出て行ったと思っている。(そう思われている社長ってかわいそうでもあるのだが、実際、営業もせずに、来客もない、普段はデスクでネットサーフィン、行き先不明な外出が連発するとそう思われても仕方ないですよね。)

 

同伴に出て、そのまま接待口実で遊んでくるのかなと思いきや、外出1時間後に会社に帰ってきた。同伴につきあったとしても移動時間を加味しても早すぎる帰還。一体、何があったのだろうか?

 

 

続きを読む

2代目社長にカードを持たせたら負債が増えました

社長の今月のクレジットカード利用明細がまわってきた。ため息が出た。カード利用明細書が毎月5ページ以上って。よくもまあ1ヶ月でこんなにも使えるなぁと逆に感心します。やっぱ馬鹿にカード持たせると駄目なんですね。

 

「カード決済は小口経費の現金管理が無くなるから経理作業を簡略化できる」というノウハウ本とかあるけど、合理化を主張するコンサルの方、効率化を唱える会計関係者の方、馬鹿が仕切る中小企業に焚き付けるのはやめてください。もともと管理能力ないんだから。カード使うことを覚えると、歯止め効かなくなるんですね。

 

カード化を採用して1年、くだらない消耗品の購入が増えまくり、節税効果が出たとドヤ顔でカード利用を正当化する社長の裏で、会社の負債は着実に増加傾向に進むのであった。

 

自分の子供に会社を継がせたいと考えている創業社長の皆さん、子供に会社を無条件で継がせないでください。会社の金を使い込んで潰すだけです。

まず、独力で別の会社を設立させて、事業を継続させる難しさを経験させてください。好きな事業をやらせてみましょう。お金の支援は上限を決めておいてください。親子であってもお金は融資であり計画を立てさせ返済はさせましょう。親父の経営方法は間違っているとか、親父のようにはならないとか、どうやら創業者であるあなた方よりも自信がおありのようなので。そのような自信過剰な2代目にはいち早く自由にやらせて失敗させましょう。馬鹿の鼻をへし折ることが必要です。事業を継がせるのはその後で考えましょう。

 

 

褒めない2代目社長

多くの2代目社長の特徴として寡黙なタイプが多い。

2代目Mもそんな典型的な寡黙人間。

寡黙人間といっても、ゴム人間みたいな悪魔の実の能力者を称する呼び名でもなければ、「クール」で「カッコいい」といったポジティブなものでもない。「無口」で「卑屈」で「無表情」で「覇気がない」駄目な社長のレッテルで使われることが多い。

単なる口がないだけなのだ。(ビジネスでは致命的のような気がするが・・)

 

続きを読む

創業者の邪念にひれ伏すしかない2代目社長

これまで、2代目社長が会社をダメにする要因は2代目が無能さにある、と考えてきた。そのような思考に陥っていた。しかし、最近の私のまわりで起こっている会社の動向を考察していくと、それよりももっと重要な要因が他にあるのではという考えに至るようになった。2代目がどうこう議論する前に、創業者が会社を去らないことにこそ問題があるのだ。今回は、その創業者の往生際の悪さ、創業者の振る舞について考えてみた。

創業者がとる引退後の振る舞い(様々な行動)は本当に残念で、従業員はもちろん2代目の心を常にかき乱す。親として、子が会社を潰さないように、方針を変えないよう監視しているのだ。2代目が引き継いだのはつい1年前の話だが、未だ創業者が権力をふるう時がある。会社に来る度に、自分の成功体験を引っ張り出して、気合だの、運命共同体だの今時の企業では死語になったような中途半端なブレブレの精神論を押し付けている。なぜ中途半端なのかというと、行動が卑しいという表現につきる。いわゆる公私混同ってやつですね。従業員に利益を出せと言う、従業員は利益を出す、運命共同体といいながら、利益分配しない。従業員引き連れての食事は、もちろん経費。使途不明な交際費に宿泊三昧。これやっても良いのは、経営者がひとりで会社の利益をたたき出しているような会社だけだから。利益分配が明らかにおかしいから。

実際の行動は、自分に甘く、他人(従業員)に相当厳しく、傲慢で卑屈である。ジャイアンもどき。もどきというのは、純粋なジャイアンではないからだ。ドラえもんに登場するジャイアンは、「お前のものはおれの物・・・」と、強欲で乱暴な部分ばかりが印象強いため、至る所でダメな人の例として、様々なシーンで取り上げられることが多いが、そのジャイアンにも良いところがある。仲間思いで、熱くて、時にはやさしく、瞬間的に人間力が高まる(が長続きしないけど)魅力的な部分があった。今の60~70歳代創業者にはジャイアンもどきが多い気がする。未だに2代目といがみ合って、強欲でケチで、人間力が足らない。創業者が2代目を認めないのは、自分の築いてきた会社がなくなってしまうことを恐れているからであり、会社がなくなれば、自分の誇れるものがなくなって誰にも相手されなくなることを心配しているのだろう。定年まで勤め上げた人が、定年退職後に肩書の入った名刺を持てなくなり、他人とコミュニケーションできずに寂しい思いをしている人が多いことをよく聞くが、この強欲経営者にも同じことが言えよう。だから、必死に会社にしがみつこうとしているのだ。

これは深刻な問題である。こんなどうしようもない創業者らは即刻退治した方が良い。だけど、一般の従業員では退治するほどの力を持っていないのだ。立ち向かうとその従業員は即死でしょう。大塚家具の例では、邪悪なる創業者を、2代目が仲間と力を合わせて知力を結集し退治した成功例だと思うが、すでにドツボにはまっている2代目にはこのような物語を経験することは絶対にない。結局、同族経営しているような中小企業では、創業者の邪念を2代目が退治するような偉業は、夢のまた夢だということである。邪念で囲まれたオフィスで2代目は常に創業者にひれ伏すしかない。

社長が臭い件

最近2代目社長Mから異臭がしている。最初は、なんとなく今日は調子わるいのかな、と騙し騙し自分を言い聞かせるようにしていたが、半径1m内にいるとやっぱり臭い。口臭、体臭、360度全方位攻撃がキツイ。これ絶対まずいですよ。社員はおろか、取引先にも絶対気づかれていますね。

社長はなぜ臭くなってしまったのか?整理してみたいと思う。

 

まず、この社長は40代ということだ。完全に、中年の領域に入ってる。犬も老化すると体臭も口臭もキツくなることを考えると、これは生物として避けられないのか?身体の内部に臭いものがあるということだから、社長の血管内にはドロドロでグチャグチャの老化物質が溜まり込んでいるのであろう。

次に、摂取する食べ物が肉ばかりであること。これは致命的。消化器官内すべてが肉の消化活動にあてられているわけでしょ。内蔵絶対やばいよ。汗にも相当なやばい老廃物が混じっているはずだ。食後に歯磨きしないこともいただけない。

さらに、極度のヘビースモーカーであるということ。ヘビースモーカーって身体とか衣服にそのタバコ臭を身にまとっているよね。あれは本当に臭い。嗅いでみて嬉しくなることは絶対にない。勘弁して下さい。本人の嗅覚は麻痺していて分からなくなっているんだろうか。ただ、社長から放たれている異臭は、単なるタバコ臭とは違ってもっと酷い。数種類の悪臭がミックスされたとんでもない異臭。

以上まとめると、少なくとも社長が臭い原因は、

中年+運動不足+肉食+歯磨かない+ヘビースモーカー

が原因であると考えられる。中年になって、代謝機能がガタ落ちして運動しないために汗腺に老廃物を外に排出できず、肉ばかり食らうから消化器官、内蔵が疲弊し、歯磨きしないから腔内自体不健康でその不健康体に煙草をキメて、さらなるストレスを溜め込んでいて周りが見えなくなるから臭くなっていることに気がつかないのだと思う。これは社長として、いや人として残念なことかもしれない

 

逆に、いい匂いのする社長はどうだろうか?日本企業では、中年の社長が圧倒的に多いと思うので、この社長と同じく代謝は落ちている可能性は高い。多くの中年が臭くなってしまうことを考えると、臭くならない対策をしているはずだ。例えば、フィットネスで汗を流している社長、そういえば島耕作も午前中からプールで汗を流して仕事に行くシーンがあったっけ。香水をまとっている社長、中学とか高校生が色気づいて香水まとってるけどあれはちょっとキツい、しかし、大人の香水はやはり違う。毎日それをつけていると、マーキングとなっていつしか社長の匂いとなる。そういった社長って、常に人に見られることを意識しているし、向上心高いから、パワフルで営業もできるし、リーダーシップもある

できる社長→いい匂いは必ずしも成立しないけど、いい匂いがする→できる社長であることは言えるかもしれない。

逆に、

社長から悪臭を発していたら、仕事のできない社長 

であろうし、

ダメな社長は、必ず悪臭をまきちらす 

ことも成立するのだと思う。